読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

れあこん - Rare Cheesecake Complex

書評、映画評、音楽評など、各種レビュー記事を掲載しています。

彼女が男をヒーローにする - デッドプール レビュー

はじめに

巷で話題沸騰のデッドプール! マーブル作品ではあるものの、アイアンマンなどの正統ヒーローではなく、 むしろ奇をてらった系のヒーローである彼。ここまで人気が出るとは意外でした。 余りマークしていなかったのですが、ようやく重い腰を上げ見に行って参りました。

概要 ※映画.comさんより抜粋させていただきました。

好き勝手に悪い奴らをこらしめ、金を稼ぐヒーロー気取りな生活を送っていた元傭兵のウェイド・ウイルソンは、恋人ヴァネッサとも結婚を決意し、幸せの絶頂にいた矢先、ガンで余命宣告を受ける。謎の組織からガンを治せると誘われたウェイドは、そこで壮絶な人体実験を受け、驚異的な驚異的な治癒能力と不死の肉体を得るが、醜い身体に変えられてしまう。ウェイドは、赤いコスチュームを身にまとった「デッドプール」となり、人体実験を施したエイジャックスの行方を追う。

感想/印象に残ったフレーズ

デッドプールがとてもふざけたキャラクターなので、 彼のノリが受け入れられるか否か?で作品に対する評価は多少変わりそうです。 私も下品なのは耐えられますが、人をサクサク殺していくのは中々馴染めなかったです。

ですが、それも話の途中から納得感を持って観る事ができました。 物語の中盤から明かされる、デッドプール誕生の秘密。 ウィルソンが末期癌から復活するために頼った相手が実は人体実験をしている悪人達で、 そこで耐えた難い痛み・体験をしたこと。それを踏まえて考えれば、彼の行いも当然だなと。

ストーリー的には王道のボーイミーツガールで。 ハッピーエンドまでの流れは正直ありきたりで、 見ていても「当然上手くいくんだよね」という感が拭えず、ドキドキはしなかったですね。

本作はアクション映画ではあるものの、 物語の結末をハラハラしながら見るというよりは、コメディを楽しむのが正しい見方なんじゃないかな、と感じます。 序盤から中盤からずっとファックファック連呼していますし、終盤に訪れるヒーローとヒロインの再会のシーンでは、 デッドプールが親指と人差し指で作った輪っかに、指を出し入れ見せる。最高にクズです。 TEDに近いイメージですかね。こういった作品が好きな方には堪らないんじゃないでしょうか。

以下、小ネタではあるのですが。 終幕時、山羊(羊?)の上にデッドプールがまたがってうろうろするイラストが出るんですね。 その際に、山羊に生えた角をデッドプールが徐に手でしごいて、 最終的に角の先からレインボーな何やらが溢れ出します。 この演出がデッドプールって作品を端的に表しているなぁと感じました。この演出は不思議と凄く好き。 是非、最後まで席に座って見ていただきたい。

おわりに

というわけで、総合評価は63点です。 アクションの演出はとても素晴らしかったですね。 相変わらずの没入感、爽快感。心躍る戦闘シーン、堪りませんでした。

ただ、デッドプールの語りが正直微妙でした。 場面を説明しながら観客に語りかける手法、ときどき見かけるのですが、今作にはあまりあわないなと。。。 映画の世界に没入してこそ楽しめる世界観だったと思うので、集中できず若干白ける感がありました。 アクション・コメディといった話の本筋の部分が面白いだけに、なんだか惜しい作品でした。

また今回、MX4Dでの鑑賞(2回目)だったのですが、 良い部分と悪い部分を感じました。 (まだレビューを書いていないのですが、)シビル・ウォーを見たときには 初めてと言うこともありとても新鮮に凄いと感じたのです。 ですが、今回再び似たような演出が多くあったことで、 映画に対して無理矢理会わせている感を多く感じてしまいました。 登場人物が殴られているところで背中がボコボコなったり、盛り上がる所で霧がプシャーッと吹き出したり。 手法としてそれしかないのかもしれませんが、毎回これだとMX4Dで見る価値について考えざるを得ないなと。

2016/06/08 鑑賞@TOHO CINEMAS 川崎